入社の経緯と、現在の業務内容は?

入社前は全く別の仕事をしていて、一坪の大きさすらよく分かっていない状態からスタートしました。最初はとにかく、不動産の知識を頭に入れなければと必死だったのを覚えています。でも続けていくうちに、教科書で勉強して資格を取ったとしても、それだけでは仕入れの結果は出せないことに気が付きました。役所の指導要綱などは物件ごとに全く異なるからです。徹底的に調査をして、戦略的に考えることで「さくら地所で必要な物件を買うためのノウハウ」を優先的に身につけてきました。

用地の仕入れは、まず不動産仲介業者や金融関係の方などから売却物件情報を集めてきて、社内で検討し、契約するということが主な業務です。物件を検討する時は直接現場を見て、役所調査を行い、立地特性から周辺状況、価格相場などを多角的に調べつくします。

事業部全体の目標達成のため、営業課のメンバーそれぞれが最大限の力を出せるようにサポートすることも私の仕事です。いろんな案件がスピーディーに同時進行していく中で、困ったときだけではなくて普段から相談してもらえるよう、こちらからも声掛けと進捗確認を心掛けています。

住宅事業部 用地開発・仕入れ T・N

住宅事業部 用地開発・仕入れ T・N

さくら地所の良いところは?

自社とグループ内に設計・施工部門があり、各分野の専門的な視点からアドバイスを貰えるところですね。これから仕入れる土地をどのように造成し、どういう間取りの家を建てられるのか、といったことを身近な人に相談しながら詳しく検討できるので、いつも助かっています。

もう一つは、即断即決で動ける社内体制、これも大きな強みですね。仕入れは基本的にスピード勝負なので、仲介業者や売主の方に素早く返答できることは、結果につながる要因の一つだと思います。

この仕事に必要なことや、心がけていることは?

戸建てに適した良い土地を買うために養わなければいけないのは、土地を見極める目。ただ数をこなすだけではなくて、一つ一つの案件を肥やしにして自分から成長していこうとする意識があるかどうかに懸かってくると思います。不動産のことは知識をつけようと思ったら勉強するべきことがいくらでもあるし、物件の条件も千差万別なので、その気になって取り組めばどんどん経験値を積んでいくことが出来ます。

それから、有益な不動産情報を得て契約に繋げるためには、仲介業者や売主の方から信頼を得ることが必要不可欠なので、コミュニケーション能力もかなり重要ですね。私は「相手の気持ちになって考える」ことが一番大事かなと思っています。

住宅事業部 用地開発・仕入れ T・N

一日のスケジュール

住宅事業部 用地開発・仕入れ T・N
現地調査
住宅事業部 用地開発・仕入れ T・N
役所調査
  1. 8:00 出社
  2. 8:30 営業課ミーティング
    ・検討物件の報告・相談など
  3. 10:00 車や電車で外出
    ・エリアを決めて仲介会社を訪問し、売却物件情報の取得、検討物件の相場聞き込み
    ・現地調査、役所調査など
  4. 16:00 帰社
    ・取得物件の工程管理について、各担当者と打ち合わせ
    ・報告書、物件資料の作成など
  5. 19:30 退社
  6. ※上記のスケジュールは一例で、日によって変わります。
    ※出社時間・退社時間は状況により前後します。

スケジュールについて

全体会議とは別に、営業課内での動きを確認するミーティングや相談は随時行っています。仕入れた情報の共有を受けて、この業者さんは誰と誰が訪問する、この案件は急いで進める、といったチームとしての行動プランを策定していきます。
契約が近いときなどは忙しくなりますが、予定のある日は18時台に退社することもあります。