現在の仕事内容は?

建築用CADソフトを使って戸建住宅の設計プランを図面に表現する、CADオペレーター業務を担当しています。以前は違う職種でしたが、専門職として長く働く母を見て自分もそうなりたいと思うようになり、当社に入ってから宅建と二級建築士の資格を取得し、CAD操作を覚えました。指示通りに作図するだけではなく、部屋がより使いやすくなるような間取りや、空間が広く魅力的に見える工夫などを設計士と一緒に考えて、プランをブラッシュアップしていく役目でもあり、自分のアイディアが家づくりに反映されるところに一番やり甲斐を感じています。

設計部門の仕事に必要なのは、探究心を持つことだと思います。世の中の状況や生活スタイルが変われば求められる住まいのカタチも変わるため、法改正や住宅業界の新しい情報などは積極的に学んで、家づくりに反映していく必要があるからです。トレンドや業界の動向に対して常にアンテナを張り、能動的に学ぶ気持ちをいつも忘れないようにしています。

住宅事業部 CADオペレーター S・F

住宅事業部 CADオペレーター S・F

この仕事や、さくら地所の良いところは?

つくるものも、業務の進め方も、決まり事で固めずにどんどん変化していけることです。当社では、それぞれの立地ごとに最も合理的なプランを求めて設計していて、建築条件をクリアするために日々さまざまな課題に直面するので、問題解決力が付き、スキルアップを実感することができます。自分だけでは正解がわからない状況でも、相談しやすい同僚や上司に囲まれているので、いつもみんなで協力して解決してきました。効率化や最適化を図るために、よりよい方法を自発的に編み出して柔軟に変えていけるところも、仕事がしやすい理由の一つだと思います。

ワークライフバランスの向上を支援する制度や取り組みがあるのも、良いところですね。私はまだ小さい子どもがいまして、2度の産休・育休を経て、現在は16時までの短時間勤務制度を利用しています。残業を減らす意識が社内に浸透しているので、子どもが大きくなってまたフルタイムで働くようになったとしても、ここなら子育てと両立していけるかなと思います。

一日のスケジュール

住宅事業部 CADオペレーター S・F
作図
住宅事業部 CADオペレーター S・F
作業風景
  1. 8:30 出社
  2. 9:00 CAD入力(作図)
  3. 12:00 昼食
  4. 13:00 企画部ミーティング
    ・工程状況の共有および調整
  5. 13:30 資料作成
    ・建築確認申請関連の対応など
  6. 15:00 CAD入力
  7. 16:00 退社
    育児中のため、短時間勤務制度を利用して2時間早く帰ります。
  8. ※上記のスケジュールは一例で、日によって変わります。
    ※出社時間・退社時間は状況により前後します。

休憩時間や休日の過ごし方について

住宅事業部 CADオペレーター S・F

仕事が終わったら保育園へお迎えに行き、夕食を作って、お風呂に入れて、やっと就寝、という感じです。
毎日忙しいですが、今後も家庭と仕事のバランスをうまく保ちながら、長く仕事を続けていきたいですね。休みの日は子ども達と一緒に公園に出掛けるなど、外に出ることでリフレッシュするようにしています。